OB-XL875_larryp_P_20130514145114

グーグルのラリーペイジの検索エンジン話がかなり萌えた

いきなりですが、

あなたは普段、インターネットで情報を検索する際、

どの検索エンジンを使っていますか?

ヤフー?

オペラ?

ファイアーフォックス?

それとも何を使えばいいかわからないから、

とりあえずその場で使えるエンジンを使っている?

 

どれも間違いではありません。ぶっちゃけどれを使ったっていいし、

どんな使い方をしたっていいわけですから。

 

しかし、僕の場合は断然Googleを使います。

何故ならGoogleは世界最高の表示速度を誇る検索エンジンだから。

 

もしも、最短最速でほしい情報を探したいという想いがあるのなら、

グーグル以外の選択肢はありえないでしょう。

 

 

と、話は戻しまして、、、

そんなグーグルなですが、フト去年の7月のラリーペイジのインタビュー翻訳を見つけてしまいまして、

全部読んだところ、かなりグーグルの検索エンジンについての

面白い内容が書かれていたので、突如この記事を書いてる次第でございます。

 

ということで今回のテーマは、

・検索エンジンの未来

という内容でいきます!!

 

ラリーペイジへのインタビューの大まかな内容

と、言いたいところですが、、、

 

それではこれを読んでる意味がないので、

ざっくりとインタビューの内容を説明していきます。(笑)

 

 

まず、このインタビューのテーマとしては、

『ラリーペイジが理想とする検索エンジンの未来』

について語っていました。

 

主なものを挙げると、

  • グーグルが今どんな活動をしているのか?
  • 実際には何が出来るようになっているのか?
  • グーグルが目指す検索エンジンとは何なのか?

などなど。

ズバリいうと、グーグルがどんな未来に向かって歩んでいるのか?

ということについて語っていたんですね。

 

 

で、僕が記事を読んでて特にドキドキワクワクしたのが、

・グーグルが目指す検索エンジンとは何か?

について話しているときでした。

 

グーグルの理想の検索エンジンの完成とは?

まず、ラリーペイジはインタビューの中で、

・検索エンジンの完成

ということを冒頭で話していました。

 

彼の話によると、

今の検索エンジンはまるで不完全で、完成とは程遠いと。

まだまだ目指すところには到達していないというのです。

 

 

では、グーグルの検索エンジンを完成させるうえで、

どんな要素が必要なのか?というと、

 

主には

  • 検索ユーザーが今どこにいるのか?を知ること
  • 検索ユーザーが何をしているのか?を知ること
  • 検索ユーザーのコンテクスト(検索をする理由(何故それをするのか?))」

という部分。

 

つまり、検索ユーザーのことをもっと深く理解することが最も大事な要素であると

言ったわけです。

 

ラリーペイジは、グーグルは検索結果を反映させるだけでなく、

『検索ユーザーはどんな人間なのか?

というニュアンスの部分をも理解する必要がある』

と考えていたわけですね。

 

ひたすら検索ユーザーのことを考え続けているラリーペイジさんん、、、

尊敬します!!!

 

技術を上げるほど人間に近づくという矛盾

で、ここでもう一つ面白い事実があります。

それは何かというと、

 

テクノロジーを進化させているにも関わらず、

最終的に人間の知能に近づいてきている

 

という矛盾です。w

だって「あれ?結局人間に近づくの?」となりませんか?笑

なんとなく人間て大したことないように思いますしね笑

しかし、検索エンジンというのは人間の為にあり、

ユーザーを理解するというのは人間を理解するということ。

 

システムでもなく効率化でもなく、

そこにあるのは純粋にユーザーを理解する姿勢だけでした。

 

そんな開発を続けるラリーペイジの理想の形はもしかすると、

『ほぼ人間そっくりの検索エンジン』

ということになるのかもしれませんね。