718eb746

2015年3月期の純利益2兆1300億円!?

世界トップクラスの自動車メーカーであるトヨタ自動車が、

今月で期末を迎える、今年度(2015年3月期)決算に関して、

2兆1300億円(前年度比16%増)という純利益を見込んでいます。

2兆

これ売上じゃなくて純利益ですよ、純利益

 

正に日本企業が稼いでる額では最も大きい額ですので、

いま現在では純利益において、

日本一の企業ということになります。

もちろん株価も上昇中。

 

しかし、面白いのはここからです。

 

というのは実は、

トヨタ自動車の資産についてなのですが、

トヨタの資産の多くは自動車の在庫や向上ではなく、

 

金融資産とのことなのです。

 

トヨタ自動車の資産の多くは金融資産?

まずはこちらの記事のグラフを見ていただきたいのですが、

 

このグラフによると、

トヨタの総資産の3分の2(約70%)は金融資産であり、

ホンダの57%、日産の46%よりも遥かに大きい金額になっています。

 

 

そのトヨタの驚くべき金融資産の額は、

なんと2014年3月期で約27兆7900億円です。

 

 

ひょええ、、、恐ろしい金額ですね。

もはやすごすぎて想像が付きません。

 

 

チョコビで言ったら2481億個買える額です。

チョコビ(112円税込み)

 

そして、その金融資産の約半分となる13兆7300億円

金融債権です。

 

金融債権というのは、

自動車ローンとか、

自動車販売会社に貸しているお金のことです。

そして、これらには当然利息が付いているので、

長い間貸付をしていればしているほど資産は増えていきます。

 

 

つまり、トヨタ自動車は『自動車の生産・販売』だけでなく

『金融業』としての事業も行っているということです。

 

 

実際のところ、

『自動車を販売する→自動車ローンを組む』

という流れになれば、

利益は『自動車の売上+ローンの利息』と二重に利益が発生します。

 

自動車の販売=メインコンテンツ

自動車ローンや保険の加入=サブコンテンツ

 

となるわけですし、

自動車に付随して色んなコンテンツが用意できます。

これは自動車販売というだけでなく、

オプションにしっかりと目を向けたトヨタの戦略がハマったと言えます。

 

 

ちなみに、この『金融業』に関しては、

有価証券報告書にも記載されています。

トヨタは、顧客に対して資金を提供する能力は、顧客に対しての重要な付加価値サービスであると考え、金融子会社のネットワークを各国へ展開しています」(トヨタ有価証券報告書2014年3月期P24)

 

このように、トヨタは他の自動車会社に比べても、

金融業に対して最も熱心に取り組んでいるのです。

ローンだけでなく保険もあるし。

 

それらの自動車以外のオプションがあるからこそ、

それだけ多くの資産を持つことになるのです。

 トヨタの営業マンの努力

 

また、そこには営業面の努力も大きいと言われています。

元々はトヨタの金融事業の営業利益は2002年3月頃は686億円ほどでした。

 

しかし、営業努力が実った結果、

その利益は2014年3月期時点で2948億円と約4.3倍にまで拡大することに。

熱心な営業が利益に繋がったわけです。

 

国際競争に勝つための準備

しかし、なぜトヨタはそこまで付加価値にこだわるのか?

 

そこには国際競争に備えての準備として、

より大きな利益をあげるために、

周辺サービスに力を入れていると推測されています。

 

確かにグローバルな競争が起こるこれからの時代は、

収入の柱が一つしかないというのは非常に危険です。

 

もしも一つの収入源しかない場合、

それがダメになってしまと全部ダメになってしまうわけです。

 

そういう意味では、

トヨタの複数の収入の柱を作るという選択は、

かなり手堅い道となります。

 

これから来る国際競争激化に備えて、

トヨタは着々と力を蓄えているのかもしれませんね。