1f4dbfb33b3073b4a31c8af037f38b0f

民事再生手続き中のスカイマークの事業スポンサーが

100社ほど声を掛けた結果、20社ほど集まったようです。

スカイマークに集まったスポンサーは20社程度
いま名乗りを上げている

主なスポンサーとしては航空業界から、

・ANAホールディングス

・マレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジア

そして、航空業界以外のスポンサーとして、

・エイチ・アイ・エス

・双日株式会社

・映像制作大手のティー・ワイ・オー(業務上での支援を行う)

・投資ファンドのインテグラル(東京)

等など、資金の提供をする企業だけでなく、

ブランド力の向上の支援をするTYO(ティーワイオー)、

再建を支援する投資ファンドのインテグラルなど、

スポンサーの選定が進んできています。

 

いずれにせよ何の魅力もない企業にここまでの

スポンサーが集まることはありませんので、

如何に魅力のある航空会社なのか?というのが伝わってきます。

 

債権者と債務者での話し合い?
そして、これからスカイマークのやるべきことを

具体的に言うと、

債権者(お金を貸している人たち。ちなみに借りている側を『債務者』という)との

交渉です。

 

債権者(貸している側)は、

まず3月18日までに東京地方裁判所に

再生債権の金額や内容を届け出る必要があります。

 

何故かと言うと、これを行わなければ、

再生計画の決議で議決権を行使できないからです。

 

そして、これから再生計画を進めていくのです。

しかし、ここで最も大きな問題と言われることがあります。

 

それは、

エアバスのA330の10機とA380の6機の解約違約金の問題です。

↓↓詳しくはこちら。

大型機「A380」6機の解約違約金として、

最低でも7億ドル(約830億円)を届け出る見通しだ。
エアバスの違約金が加わると、

スカイマークの負債総額は、

これまで公表していた711億円を大幅に上回る。

※ヤフーニュースより引用
こちらの何が問題かと言うと、

今までの負債に加えて、

A380機の解約違約金(830億円)が加わるとなると、

711億円の負債総額が倍以上まで跳ね上がるからです。

 

航空機の違約金問題については、

A380の他、A330も関係しており、

これらの航空機の処理については未だに決まっていない部分でもあります。

 

A330の初号機をスカイマークが受領したのは14年2月。

同年6月に就航(羽田─福岡線)させたが、

搭乗率が思うように上がらず、ドル建てのリース料も円安で負担が増した。

 

経営の再建に当たって、

スカイマークはA330のリース契約を解除する意向を示しており、

2月1日から5機のA330の運航を停止。

米ボーイング製の「B737」に一本化し、効率化を図っている。

だが、羽田空港に置かれたA330は、駐機料など維持費がかかり、中途半端な状態のままだ。

ヤフーニュースより引用
つまり、A330の10機の内、5機は既に使っておらず、

すぐにでも契約を解除したい状態。

そして、A380の6機はすでに解約をしており、

エアバスから解約違約金830億円を請求されている状態ということです。

 

ですので、

羽田枠(最大1000億円相当の“利権”を獲得する可能性がある)が

魅力的に感じるスポンサーも多数いますし、

だからこそ支援が数多く出ているのですが、

 

元々解約違約金830億円や、

負債総額(700億円程度)を細かく考慮した上で、

出資をしていく必要があるのではないかと思いますね。