a0981e4bece5badc1b7fd353cf567c1f

今また新たな、視力回復法「ICL」「IOL」が注目されているそうですね!!

先日、12月4日に消費者庁がレーシック手術に関する注意喚起をやっとしたとブログにも書きましたが、その次にくるの視力回復法はこれだ!!と話題になってるそうです。

そんな「ICL」について書いてみたいと思います!!

「ICL」って何?手術?

 

まあ当然アルファベット三文字並べられただけでは素人にはなんのこっちゃわかりませんよね。「ICL」というのは、簡単に言うと、小さなコンタクトレンズを目に埋め込むことで視力の回復をはかる手術だそうです。

 

3ミリほど切開して目に入れるので角膜自体の形状を変えなくてすみ、またコンタクトのような異物感もなく、コンタクトレンズのようなケアの必要もないそうです。

 

最近のやつでしょ?大丈夫なの?

 

実はこの「ICL」なんですが、20年以上の歴史があり欧米や中国、韓国など世界各国で承認を受けているんだそうです!!

 

日本では、2010年に厚労省から認可を受け、1万件以上の実績があるみたいですね。もちろん、この手術を行うにはライセンスが必要なので、クリニックを選ぶ際もしっかりとポイントの一つとして留意して置いてください。

 

現在そのライセンスを持つ眼科専門医は2013年12月で121人だそうです。

 

で、費用やかかる時間は?あと、痛いの?

 

手術に要する時間は、両目で15分から20分間程度らしく、また麻酔も点眼薬なので痛みや入院の必要もなくその日のうちに帰宅することが出来るそうです。

 

資料句の回復も翌日から、0.5から1.0あたりを見込めるそうです。

 

また、レーシックでよく問題にされる、ハローというぼやけて見える現象、グレアという夜間でとくに光をまぶしく感じる現象、その他ドライアイといったもののリスクが格段に低いといわれています。

 

そして気になる費用なのですが、現在ではまだレーシックの倍ほどの費用が必要となります。レーシックが10万から30万円ほどなので70万円くらいを想定してたほうがいいでしょう。

 

デメリットはないの?

 

もちろん肝心のところはそれですよね。レーシックに比べリスクが少ないというものの何かあるのではないかと不安になるのは当然ですよね。

 

考えられるものとしては、目にレンズをいれるため、角膜内皮細胞を減少させ矯正視力の低下を引き起こす可能性があるといわれています。ただ、このリスクもほとんどなく1パーセント以下の確率のようです。

 

ごくまれに白内障のリスクもあるらしいのですが、これ自体が治療できるものなので安心だそうです。

 

気をつけることしては、手術より小さいですが目を切っているので術後の点眼、検診といったケアをちゃんとすることみたいですね。

 

ここでご紹介したのは、ごくごく一部の全く持って基本的なことなのでその他レンズの種類やクリニックによる費用の差異等、しっかりとお調べになってくださいね!!

 

とにかく、レーシックのときも書きましたが、しっかりとクリニックで説明を受け、きちんと内容を把握し納得した上でかかるようにしましょう。

 

ということで、では!!