e896d7983a95ca3a2dc4c79d01247a34

今日は、一人に的を絞った記事ではなく、最近売れている芸能人の傾向やなぜ、いまキテいるのかを考えていきたいと思います。今の社会の空気や不満が溜まりに溜まって生み出されたジャンルが毒舌、というよりも下克上なんです。

毒舌キャラが売れるわけ

一口に毒舌キャラといってもいろいろありますが

代表的な特徴として

・目上の人間にも失礼だが的をえた発言をする

これに尽きます。

あの下克上ドラマ「半沢直樹」にもあったように、多くの人は言いたい事を

腹に抱えて生きています。

それは、日本人が調和を重んじる民族だからです。

例えば、先輩が間違っていたり、なにかしら会社で理不尽なことがあっても

それを面と向かって言うのは気が引けます。

それは、社会、この場合は会社の調和を乱す行為だからです。

俗に言う空気を読めないってやつです。

しかも、決まって損をするのは立場が下のもの。

日本くらいですよ、会社で問題があった時にまず、上の人間ではなく、

下を切ってとりあえずの損失を埋めようとするのは。

それが、世間の目に触れるくらいになると、やっと上の人間が

薄くなった頭を下げてパフォーマンスの謝罪をする。

定番コースですね。

社会に出た人なら大抵の人間は、理不尽な目に合います。

それに対して、文句を言うのは自分の首を絞める行為ですから

普通は我慢します。

でも、我慢しているだけで溜まるものは溜まります。

そこで、代わりに文句を言ってくれるのが、半沢直樹しかり毒舌キャラを

売りにした芸能人です。

半沢直樹なんかは特にスッとした人が多いと思いますよ。

ただ、ドラマに影響されすぎて実際に同じように上司に食ってかかって

被害をこうむった人も意外といます。

半沢直樹は運と実力と脚本という神を味方につけたからこそ成功したのであって

あれを私たちがするのはおすすめできません。

毒舌キャラの芸能人も同様で、もはや馴れ合いの笑いしか放送しなくなったテレビに

面とむかって文句を言ってくれるのは彼らぐらいです。

それでも、何様のつもりだ、とか思う人も数多くいると思いますけど。

少なくとも私はスッとします。

〔スポンサーリンク〕

というより最近はお笑い芸人が出すぎてテレビが飽和状態になってきていると感じています。

最近はキムタクのHEROや原作を有名作家の作品にしたとりあえず話は名作ドラマが

徐々に増えてきていますけど、基本バラエティってお笑い芸人同士の馴れ合いですよね。

私はどうもバラエティというと一昔前のハチャメチャなものを見て育ってきたので

どうもあの馴れ合いが好きになれないんです。

どこぞのお笑い芸人のすべらない話とか面白い人は確かにいるけど

つまらない話の時の共演者の無理してわらってます感が寒いです。

あれは採点式にしてつまらないやつを省いていってくれたら

もっとおもしろいと思うんですけど、そこは馴れ合いで誤魔化してるんですよね。

今は勢いが落ちてきていますが、昔のとんねるずとか電波少年とか実際に

逮捕者とか出すぐらいのぶっ飛び加減が懐かしいです。

今は規制が強いから絶対無理でしょうけどね。

結局は多くの人間が抱えるフラストレーションの発散の代行として

このような毒舌もとい下克上キャラが売れてきているというわけです。

逆に考えるとこういうのが売れてきている社会って

よっぽど不満が溜まっているという証拠なのかもしれません。

でも、これを自力で改善することは大変厳しいことです。

だからこそ、最近は政治への関心が高まったり、汚職を重ねる政治家への

目が光っていると言えます。

なんだかんだ言って、みんな政治家に期待しているんです。

少しでも生きやすい社会にして欲しいって。

政治家というより他人にって言い方のほうがあってますね。

私も自分の生活を守るのに必死ですから、社会を変えてやろうっていう

気概を持てません。

自分勝手かもしれませんが、政治を仕事としている人間に押し付けることが

当たり前だと思っています。

税金もらっているから働けっていう上から目線ではないですが

給料分くらいは働いてくださいぐらいには思ってます。

この税金もらっているんだからってセリフはこの頃よく耳にしますが

税金で養われている方からしたら、払ってないやつもいるんだから

文句言う前に全員払えって言われそうです。

不景気で税金などの支払いも滞っている人も増えてきているそうですし、

案外どっちもどっちなのかもしれません。

毒舌キャラが売れる理由を長々と書かせてもらいましたが、

結構話があっちこっち移動したことをお詫びします。

まぁ今回は私が抱えているものを発散してやろうと思って書いたものですので

お見苦しい点もあったと思います。

ですが、実際にこういうキャラが一定以上の需要があること自体

よく考えてみれば怖いことだと思えませんか?

とは言え私に出来ることはありません。

言うだけいっておいてなんですが、私は政治家に任せてますので

アベノミクスに期待しています。

だって給料ちょっと上がったし・・・。

少なくとも景気がよくなり、お金が増えれば心に余裕が出来ますので

一生懸命に仕事して日本経済に貢献することにします。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

そろそろ筆を置かしてもらおうと思います。