2014-03-15_122821

みなさんは、水道水を飲み水として使っていますか?

気にせず使っている人も、なんとなく怖いから沸騰させて使ったり
しているという人もいるでしょう。

東京に住んでいる人以外には関係のない話かもしれませんが、
東京都では、「東京水」というネーミングで水道水を販売しています。

500mlのペットボトルが1本100円。
私も東京都庁に行った時に、売っているのを見たことがあります。

水道から飲めるのなら、なんで売ってんの?
という疑問もわいてきますが、PRのために売っているもので
別にこれで儲けようというものではないみたいですね。

水道水なんて、本当に飲んで大丈夫なの?
しかも東京ってなんか水とか汚そうだしってイメージがある
人も多いかと思います。

私もそうでした(^_^;)
地方から東京に来たので、なんか都会すぎて
川とか汚いイメージですもんね。

東京の水道水は安全なのか?

東京都水道局は、「安全でおいしい水プロジェクト」として、
水道水の高度浄水化を進めて、水道水を安心して飲めるように
プロジェクトを進めているんです。

本当に安全なのかという点については、そもそも飲み水には
国が定めた検査項目があって、それをクリアしなければなりません。

大腸菌や水銀などなど50項目について、東京水は、
全項目について水質基準をクリアしています。

 

放射能について

やはり小さい子供さんがいる家庭などでは、福島第一原発の
放射能の影響も気になっているところかと思います。

東京都水道局では、被災以降ずっと放射性ヨウ素、セシウム等の
調査をおこなっています。

その結果はこちらのホームページで見ることができます。
被災当初は、ヨウ素が検出されることもありましたが、
その後は、放射性物質の検出はありません。

ただし、これの測定結果は、測定できる最小単位以上のものしか
読み取れないので、微量な放射性物質は検出できません。

過信することはできませんが、安全であると言えそうですね(*´▽`*)

 

直結給水か貯水槽方式か

水道には、直結給水と貯水槽方式の2通りがあります。

直結給水方式とは、貯水槽のタンクを通さずに浄水場からの水が
蛇口までやってくる方式です。

貯水槽方式は、いったん、タンクに貯めて、そこから
各家庭の蛇口にもってくる方式です。

浄水場の水が、きれいでも貯水槽の清掃がきちんと
行われていなければ、蛇口から出てくる水は安心とは
言えなくなってしまいます。

ですので、最近は、貯水槽方式から直結給水に切り替える
方も多いみたいですね。

それでも貯水槽方式でも清掃義務がありますので、
汚れているということは普通はないはずですから
そこまで気にする必要はないと思います。

 

東京水はおいしいのか?

いくら安全でも、まずっ(`A´)ペッ!!っていうようなものは
飲み水としてはだめですよね。

東京都は、平成24年に東京水とミネラルウォーターの
飲み比べ企画を行っています。

14,000人以上が参加して飲み比べを行って結果、
やはりミネラルウォーターがおいしいと言った人の方が多かった
のですが、意外にも僅差なんです。

おいしいと言った人の割合は、
東京水45%、ミネラルウォーター55%だったんです。

すごいですね~
ミネラルウォーター買う必要ないじゃんって感じです。

これは、東京都が、独自に基準をつくって
臭いのもととなる物質や味がわるくなる物質を取り除いている
からなんですね。

安全だけでなく、味にもこだわっているとはさすがです。

私も、普通に家で飲んでいますが、まずいと思ったことは
ないですね。

 

まとめ

東京の水道水は、安全基準もみたしているし、
おいしさもミネラルウォーターと差がないくらいの
レベルまできているんです。

東京在住の方は、安心していただいてみては
いかがでしょうか?