IMG_1598

あなたは、盆踊りについて
どのくらい知っていますか?

日本の伝統的なイベントですが
多くの人が詳しく知らないので
意味や楽しむポイントを紹介していきます

盆踊りを詳しく知るための2つの事

盆踊りは、日本人なら
一度は聞いた事がありますよね?

ですが、盆踊りの意味や詳しいことを聞くと
多くの人が答えられません(・・;)

盆踊りの事を詳しく知っておくと
外国人の人にも教えることが出来るので
詳しく見ていきましょう^^

①盆踊りの意味は?

盆踊りは、現在は
お祭りなどで踊られるものです。

ですが、本来の意味は
亡くなった先祖の霊や
苦しんでいる霊を供養するためでした。

盆踊りといえば
7月or8月の13日~16日の
お盆とも関係がありますよ。

13日に先祖を迎える迎え火
16日に先祖を送り出す送り火を
することとも繋がりますね。

先祖だけではなくて
この世で苦しんでいる他の人達も

成仏してもらう意味があるので
必ず行うようにしてください。

②盆踊りはいつやるの?

「盆踊りをいつやるか?」を
知っておくと準備も
効率よく出来ますよね^^

盆踊りは先ほど言った様に
お盆と関係していて

多くは8月13日~16日
中には7月13日~16日に行われますよ。

盆踊りを楽しむ4つのポイント

盆踊りは毎年あって
かなり盛り上がりますよね^^

その大切な盆踊りを精一杯楽しむために
楽しむポイントを抑えておいて下さい。

①服装はどうする?

お祭りなどで盆踊りに行く時に
気になるのが服装ですよね^^

「せっかくお祭りに行くのだから浴衣?
それとも普段着で良いの?」という
疑問はあると思います。

ですから、盆踊りの服装のコツを
紹介していきますよ。

盆踊りの時には、できるだけ
男性は甚平、女性は浴衣を
着る様にしてください。

そうすると、盆踊りの醍醐味を
最大限に味わうことができますよ^^

男性が甚平を着るとカッコ良く、
女性が浴衣を着るとかわいく見えるので
着てみることをオススメします。

他にも下駄や草履、
扇子、巾着などを使うと
もっとお祭り気分になれますね。

下駄や草履は普段は、履かないので
疲れや靴擦れを防ぐために
履き慣らしておいて下さい。

このようにお祭りにピッタリの
服装や小物を使うと

涼しい気分になれるので
ぜひ使って欲しいです^^

実際に盆踊りをしている人の写真を見て
参考にしてみるのも良いですね。

②動画で、あらかじめ練習する

「盆踊りに参加したいけど
どんなものか分からない…」
と、言う人もいると思いました。

確かにいきなり盆踊りに参加するのは
勇気が要りますよね(・・;)

ですから、そんな時には
動画を見て雰囲気を感じてみましょう^^

盆踊りの雰囲気を感じられるだけでなくて
服装を参考にしても良いですね。

有名な盆踊りは動画があるので
一度、あなたが行ってみたい盆踊りの
動画を探してみてください。

しっかり練習してから行くと
「初めてなのに上手ですね!」と
褒められるかもしれませんよ 笑

③屋台も楽しむ

盆踊りもずっと踊っていたら
楽しいですが疲れてしまいますよね(・・;)

ですから、疲れてお腹が空いた時には
屋台を活用してください。

屋台を活用すれば
休憩中にもお祭り気分を味わえるので
オススメですね^^

おいしい物を食べて
元気を出したら
また盆踊りを頑張りましょう。

④盆踊りは足を重視する

「盆踊りって難しい」
「どこから練習すれば良いの?」
と、言う人もいると思いました。

ですから、盆踊りのポイントを
紹介していきますね。

盆踊りのポイントは手より足です。
「なんで手より足なの?」
と、あなたは言うかもしれません。

その秘密は盆踊りの由来にあります。
盆踊りの本来の目的は先祖や
苦しんでいる人の供養ですよ。

そして、盆踊りの足を重視することで
霊を封じ込めると言われています。

ですから、盆踊りを練習する時には
足から練習することを意識してください^^

足だけでもマスターすることで
盆踊りの本来の目的を果たせるので
気持ちいいですね。

⑤曲の流れを把握しておく

盆踊りで大切なことの一つに
「どこで休憩するか?」があります。

盆踊りは楽しいですが
ずっとやっていたら疲れてしまいますよね(・・;)

「でも、一度抜けたら
次は、いつ入れるか分からない…」
と、言う人もいると思いました。

こんな悩みを解決するのが
曲の流れを把握しておくことです。

曲の流れを把握しておくことで
「いつ出られて、いつ入りやすいか?」
が分かりますよね^^

プログラムなどがあれば
調べておくことも有効です。

このように曲の流れを把握しておくと
自分のペースで盆踊りが出来るので
ぜひ、把握しておいて下さい^^

まとめ

盆踊りをやる本来の意味を知ると
また違った捕らえ方がありますね。

盆踊りを楽しむポイントを抑えて
精一杯、盆踊りを楽しんでください^^