f0203704_101522

夏を楽しむには風物詩と言われている
花火大会は欠かせませんね。

一年で一度しかないイベントなので
楽しむポイントも抑えておきましょう

花火大会で楽しむ5つのポイント

せっかく花火大会に行くのですから
いい思い出になるようにしたいです。

その為に大切な楽しむポイントを
紹介していきますね。

①場所や時間を印刷しておく

最近は、スマホを使って
会場や時間を調べることもありますよね。

ですが、会場周辺に行くと
人が多くなり、みんながネットを使うので
繋がりにくいことがあります。

ですから、友達とかと
待ち合わせをする時には

事前に場所や時間を
印刷しておきましょう。

最悪、ネットに繋がらなくて
連絡が付かず会えないこともあります(・・;)

会場や始まる時間も
印刷しておくと良いですね。

待ち合わせをする時に大切なのが
最寄り駅にしないことです。

最寄り駅は混雑してしまうので
誰かの家や乗り換える駅などを
待ち合わせ場所にすると良いですよ。

早めに集合してトイレも
済ませておくと安心ですね。

②当日の持ち物を確認する

花火大会当日は、
コンビニなども混んで
買えない事もあります。

ですから、当日準備するのではなくて
事前に準備をするようにしましょう。

沢山の人と行く時には
荷物の分担をしておくのも便利です。

持っていった方が良い物を
紹介していきますね。

・絆創膏
浴衣姿で草履を履いていると
靴ずれが起きやすいです。

他にも転んで怪我をすることもあるので
絆創膏を持っていきましょう。

・タオル
人が多い夏の花火大会は
予想以上に汗をかきます。

ですから、タオルは持っていきましょう。
座るときのシート代わりにもできますね

・飲み物、食べ物

せっかく花火大会に来ても
「お腹がすいてコンビニに行っていたら
花火が終わっていた…」ということに
なったら悲しいですよね

ですから、事前に飲み物や食べ物を
準備しておいてください。

屋台があれば食べ物は
いらないかもしれません。

熱中症にならない為に
水分補給も忘れないようにしてください。

・携帯電話
携帯電話は懐中電灯にもなるので
ぜひ持っておきたいものです。

途中で電池が切れて
連絡が取れなくなったら困るので
十分に充電をしておきましょう。

・帰りの切符やカードにチャージをしておく
帰りの電車では切符売り場が
混雑するでしょう。

今まで見たことが無いほど
混むこともありますよ 苦笑

ですから、あらかじめ来る時にでも
切符を買っておくと良いですね。

都心でカードを使えるなら
カードの残高を確認しておき
足りなかったらチャージしておきましょう。

 カメラ

花火を撮るのはもちろん
友達や家族と行く時は
みんなで写真を撮りましょう。

花火をバックにして
記念写真を撮れれば最高ですね 笑

誰かと楽しく過ごした思い出は
写真にして一生、残しておくと
おもしろそうですよ。

後から、見返した時に
思い出に浸れるような写真を
撮ってください^^

扇子やうちわ

夏の風物詩として
花火を更に楽しむグッズが
扇子やうちわです。

扇子やうちわがあると
風を送って涼しいだけでなくて
見ている方も涼しくなりますよ^^

ですから、花火を見に行く時はもちろん
夏は常に持ち歩くようにすると良いですね。

持ち運ぶなら扇子が
折りたためるのでオススメです。

扇子はファッションアイテムとしても
高い存在感を示しますよ^^

ウェットティッシュ

ティッシュを持っていくことは
多いですが屋台を楽しみたいなら

ウェットティッシュを
持っていきましょう。

屋台ではたこ焼きやお好み焼き、
イカ焼きなどこぼれてしまったら
ティッシュでは取れない物が多いです。

もし、こぼれて服に付いてしまったら
すぐに落とさないと
落ちなくなるかもしれません。

ですから、屋台も楽しむなら
ウェットティッシュを
持っていって下さい^^

ラジオ

大きな花火大会は
リアルタイムでラジオの解説が
あることも多いです、

ラジオを一つ持っていけば
プロの解説付きで花火を
楽しむことができますよ^^

普通は、知らないような豆知識も
披露してくれるので
持っていく事をオススメします。

③前に行き過ぎると帰りに困る

花火を見るには基本的に
前の方が見やすいですよね。

ですが、基本的に前に行けば行くほど
混雑していますよ。

混雑していると座れなかったり
押されたりすることもあります。

ですから、安全に過ごすために
人ごみに行き過ぎないように
すると良いですね。

人ごみと見やすさのバランスを
考えて場所取りをすると良いですね。

花火の見やすさは少しくらい後ろでも
あまり変わらないですよ 笑

後ろだと帰りも混雑しにくいので
機動性を重視するなら後ろが良いですね。

④ハメを外している宴会の近くに行かない

確かに花火大会に宴会は
とても楽しいものです。

ですがハメを外している宴会の近くは
危険な場合もありますよ。

宴会が暴れたり、馬鹿騒ぎをしていると
あなたにも迷惑がかかってしまいます。
怪我をしてしまうかもしれません。

ですから、ハメを外している宴会の
近くには行かないようにしてください。

⑤早く着いた時の時間つぶしを考えておく

花火大会は、基本的に
早めに行く方が混雑もしてなくて
場所取りの点でもオススメです。

ここで、気になるのが
早く着いた時の時間つぶしですね。

早く着いた時に
トランプやウノなどを
持っていくとみんなで楽しめますよ^^

待っている時間も花火大会としての
思い出にしてしまいましょう 笑

せっかくみんなが集まったのですから
時間つぶしで遊んでいる時の
写真を撮っても良い思い出になりますよ。

花火大会を待っている時間も
楽しんでしまえば
待っている時間も気になりません。

隅田川花火大会の穴場は東京タワー

隅田川花火大会は、
毎年7月の最終土曜日に
行われる花火大会です。

場所は、隅田川の河川敷ですよ。
東京三大花火大会と言われるほど
全国的にも有名な花火大会ですね。

どれくらいすごいか
動画で見てみましょう。

やはり東京三大花火大会と
言われるほど見てみると
すごいですよね^^

この花火大会の為に
マンションを購入する人が
いるほどの人気です。

ですから、花火を見るのも
一苦労なのが現状ですね。
そんな時に、活躍するのが東京タワーです。

東京タワーは広くて
眺めも良いので花火を見るのには
最適な環境ですよ。

東京タワーの特別展望台北側を
キープすると夜景も花火も
両方見れてオススメです

あまり混雑もしていないので
ゆっくり花火を楽しむことが出来ますよ。

まとめ

花火大会は、人が多くて大変なので
楽しむポイントを押さえておいてください。

東京タワーの特別展望台が
隅田川花火大会を
見るのにオススメですよ