【学校・学園・学院ってどう違うの?違いがあるの?】

高校野球などを見ていると◯◯高校(高等学校)、◯◯学園、◯◯学院なんて呼び方がいろいろ有りますよね。これって、どうして色んな呼び方が有るんでしょうか。

全部学校でも良いのでは?という事で今回は長年の疑問をしらべてみました。

学校、学園、学院の勝手なイメージ

【学校】校則も普通で、制服とかもブレザーも有れば制服のところも有り、様々なスタイルが混在している。一般的なイメージ。

【学園】があまり校則とかも厳しく無く、制服とかも私服でOKのような柔らかいイメージ。

【学院】が校則によって支配された厳格なイメージ。
表題の話とは少し離れているかも知れませんが、イメージとしてはこんな風に思っています。

学校とは?

「学校」とは一定の教育目的に従い、教師が児童・生徒・学生に計画的・組織的に教育を施す所。また、その施設。特に、学校教育法では幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・高等専門学校・特別支援学校・大学のことを言います。

学園とは?

「学園」とは「学校」の異称、上級から下級に渡る幾つかの学校を含んだ組織をいう との事。つまり、学園とは「エスカレーター式(中高一貫校など)」の学校で使われるケースが多く、普通科でなく総合学科校でも「学園」が使われるようです。

学校法人の名称で使用される用語でもある。法人名に学園を冠する場合でも、所属する校名にも使用されるとは限らない。たとえば、学校法人日本赤十字学園、学校法人南山学園、学校法人大原学園などは校名に学園がない。学校法人加計学園、学校法人神野学園、などは校名は別、法人名には学園を使用している。

学院とは?

ちなみに「学院」も「学校」の異称で、私立学校などで多く校名として用いられます。名称として欧米のCollegeに当てた漢字が「学院」であったと思われます。宗教関係者の設立した学校や各種学校の名に多く用いられ、「学院」つく大学の多くがキリスト教系の大学のようです。

「学院」とは「学校」という意味であり、「学園」などと同じ意味で使用されています。しかし「学院」と「学園」は意味合い的にやや異なり、「院」は建物であり「学院」とは学舎、講習所の意味を持ち、「園」は庭園であって「学園」とは「学ぶ者が集まる場所」という意味となります。

「学院」と名称が付く学校のほとんどが私立であるが、例外的に秋田市立御所野学院中学校・高等学校という学院と名称が付いた公立の中高一貫校がある。

また、不登校児や学業不振、中途退学の生徒などの学習支援をするサポート校や予備校などの名前にも「学園」とともによく使われており、その場合の「学院」は学校に準じた施設として理解されているようである。こうしたものは、フランス語の?lyceum(高校;古代ギリシアでアリストテレスが開いた学校「リツェウム」から由来したもの、現代のフランスではリセ)を訳したものと思われる。

ほかの例として、国立保健医療科学院などの研究機関、徳島歯科学院専門学校?、旭川歯科学院専門学校、大阪歯科学院専門学校、日本歯科学院専門学校、などの専門学校でみうけられる。

学院の説明だけやたら長くなってますね。

それぞれを調べてみて

調べて見ると、それぞれに大きな違いは無さそうですね。全部に「学校の異称」という語句が入っているので教育自体は同じなのではないかと思います。
強いて言うならシステムに違いが有ると思います。

学園はエスカレーター式のところ、
学院は宗教関係者が設立した学校に付けられるところに学校との違いがあるようです。

私としては、全部学校に統一してしまえば解りやすいと思うんですが。
それを言ったら身も蓋もないですかね・・