原宿駅が有るのに降りたら原宿ではない。

地名が無いのって少し気になりますね。
ファッショントレンドの店が並ぶ「裏原宿」色んな呼び方が有るにも関わらず…

疑問に思ったので調べて見ました。

原宿の由来とはその①

原宿(はらじゅく)は、東京都渋谷区の一地区。

原宿駅周辺から表参道周辺にかけての汎称地名。現在の「神宮前」の町域が、その大部分を占める。

現在広く「原宿」として認識される地域のうち、明治通りや旧渋谷川(穏田川。現在は「キャット・ストリート」と呼ばれることもある遊歩道(旧渋谷川遊歩道路)となっている)に近い低地部周辺は、かつて「穏田(おんでん)」と呼ばれており、1965年(昭和40年)以前の町名で「原宿」に相当していたのは、表参道の北側、現在の神宮前2丁目の町域のうち青山寄りの台地部分、神宮前3丁目の多くの部分、神宮前1丁目のうち東郷神社からその裏手に続く台地部分などのみでした。一方、原宿駅から竹下通り周辺は「竹下町」と呼ばれていました。1965年(昭和40年)以降には、この一帯の町名はすべて「神宮前」で統一され、「原宿」の町名は廃止されました。

原宿の由来その②

昔は原宿村という正式な住所地名がありました。
しかし、合併や住居表示の実施などで、いつの間にか、どこの地区も正式な住所地名として「原宿」を用いなくなりました。

勘違いしている人が多いのですが、住所=地名ではありません。住所をあらわすのに使われる地名は、あくまで、郵便配達の都合とか、登記や戸籍などのお役所の書類を整理するために使われる記号に過ぎません。
本来、地名とは、文字通り土地の名で、お役所仕事とは関係なく、その土地が人々に呼ばれている呼び名です。

東京近郊では、お役所用の住所地名はごく近所の間でしか使われず、多くの人は、近所以外の土地を最寄り駅名で呼ぶことが多いです。

これは、東京都市圏があまりに広く、細分化された住所地名で言われてもどこのことだかわからないこと、また、移動の中心が鉄道なので、駅名で言ってくれた方がわかりやすいことによるものでしょう。

いわば、駅名が地名化するのです。埼玉県のふじみの市のように、駅名が地名化し、それが正式な地名、しかも自治体名に採用されることもあります。そのくらい、東京近郊では駅名の地名化は一般的です。

「渋谷」「原宿」を、旧渋谷村や旧原宿村のことだと意識して使っている人は、先祖代々渋谷村や原宿村に住んでいた人を除けば皆無といってよいでしょう。普通は、「渋谷」といえば渋谷駅周辺、「原宿」といえば原宿駅周辺の意味で使います。

原宿の由来

由来について検索しました。

地名の由来は、往古相模から奥州に向かう鎌倉道が村内を通過していて宿駅があったことから起きたといいます。宿駅があった当時は草原か土原か判らないが原っぱだったのでしょう。明治神宮のところが代々木原で、土筆ヶ原・白銀原・高輪原・駒場原に続いていたことから考えると大森や久ヶ原のように鬱蒼たる森林地帯ではなかったようです。
宿というと通り町を想像するかもしれませんが、2、3軒の雨露を凌げる建屋があって、土間か板敷きに座るか、ごろりと横になるか、お風呂もなければご飯もない。ちょうど黒沢明の映画『七人の侍』に出てくるあの宿です。宿泊施設が全国的に今日のようになるのは戦後のことです。

原っぱの「原」

宿駅の「宿」

原宿

ということでどうでしょうか。

まとめ

地名的には昔は有ったけど今は無くなったといった感じですかね。
今では原宿駅周辺を指すと書いて有ったので
「何となくその辺なんだなー。」と、

ふわっと感じていればOKな気がします。
私的には、ファッションもふわっとした物が多いような気がします。
決めつけない感じが今の原宿の文化を作っているのかも知れませんね(^_^)