まず保守とは、これまでの俗習や伝統や認識、世間を保持していこう!といったとらえ方です。

その対義語とされていると言えるのが「革新」です。
「右翼」「左翼」というワードが活用されることもあり得ますが、右翼(または右派)は保守派、左翼(または左派)は革新派と大半は考えられます。
ただ、保守といったキーワードの意味としては「どの部分に向けて保守して行くのか」に基づいて、この言葉のもつ要因なんてのは違っています。

近年この保守の意味が、政治のシーンでは多様なものとなっている為、保守主義ということが日本はもとより、全世界により異なってくるので、にわかには一まとめに出来ないのが実情です。

保守とは?政治での使われ方

王政の軍隊

政治面での保守派の思考とは、守るべき文化や因習は守り、世の中に心の底から必要と認証した場合は熟考の上でじっくり変えて行くというやり方です。

また、革新派については、良い考え方があった時にどんなに突発的でも、古い今までのやり方は放棄して、一から再構成ましょう!というとらえ方です。

日本での保守派政党で最も目立つものは、自由民主党です。

これ以外ににも日本維新の会や、日本のこころを大切にする党なども保守派政党ですが、近頃自民党が保守派政党として最大クラスですね。

逆に左派、革新派政党とされているのが日本共産党や社民党です。

民進党は保守とも革新ともどっち付かずってな感じだったんですが、最近のニュース各社の考えでは、右派の自民党に対して、キャッチしやすく左派の革新派政党として取り扱われることが殆どです。

ニュースや新聞を活用して、保守や革新というキーワードが出現するのは、選挙戦や国会論争においての対立軸として、とてもイメージを描きやすいフレーズだから、といった意味も見られます。
保守と社会主義の面白い観方

また、おかしいのが、例えて言うなら近年の国のしくみが、社会主義や共産主義(左派)の状態であったとします。そして、それが長期にわたり継続したとして、それを保とうとする勢力を何と名づけるのでしょうか?

由緒のある考え方や世間が、社会主義や共産主義の場合です。

それはそれとして、社会主義的な考えを保とうとする勢力を、保守とは一般的には呼びません。そのため、政治の際の保守は本来の保守とは違う実質があります。
その時背景や地域、道徳的観念によって左右されるのが、政治の保守だったりします。

ただ、定義をするなら次のことになります。

政治の保守とは?

保守とは?
フリーダムよりも秩序を大切にし、若干は不自由でも伝統や協調性をキープする。資本主義寄り。日本では国益を重要視する捉え方を保守と呼ぶことが多く、右派と言われている。
革新とは?
秩序よりもフリーダムを大切にし、文化よりもここ以外からのより良いビジョンを利用する。社会主義寄り。日本では、日本の国益というよりは海外の益になる的な考え方を呼ぶことが多く、左派と言われている。

しかし、近年は前述のような保守や革新の定義に収束されないことが多くなってきました。

経済と憲法から日本の保守・革新に目をやると?

近頃、この国では保守派と言われている自民党が我が国の政権を握っています。

そうしたら保守派自民党政権が推奨している経済スタンスや憲法改正はいったい保守的な思想を意識した政策になっていると思われますか?

「経済」「憲法」というフレーズに基づいて保守政党、革新政党の見方などを確認してみましょう

経済政策アベノミクスは保守的?革新的?

まずは経済ポリシーです。アベノミクスというワードがはなはだ流行りましたが、現在安倍政権が推し進める経済政策は、大幅な金融緩和や公共事業への投資などが見られますよね。

民進党政権時代に比べて相当な円安へシフトし、経済の安定を計った政策ですが、どちらかと言うと円安は円の値打ちを下げる目的のものなのでありまして、保守的な考えとはふさわしくないと言えます。

また、TPP仲間入りにおいても、保守派である自民党は参加に承認だというのに、革新派の民進党や共産党などは反対の狙いを示しています。

そもそもTPPとはカンタンに発してしまうと、日本やアメリカなどをメインに置いた環太平洋地域における、関税をストップしていきましょうという方策です。

関税をストップすることで、輸出入においてのコストを削って、好きなように貿易をやりましょうという考えのもと形作られたということです。

しかし、保守的な思考からするとすれば、関税のストップとなると外国の生産品や食品などが全国で大量に広まりすることになる為、一般的には保守的な思考からすると真逆であると言っても良いでしょうし、逆に反対の姿勢を取っている民進党や共産党のほうが保守的だといえます。

改憲は保守的?革新的?

そうして憲法において。改憲のブームがしばしばニュースになっていますよね。

戦後に決められた日本国憲法ですが、約70年の間一回も憲法の改正が施されることが存在しませんでした。

しかしここ数年になって自民党が国会の3分の2以上の議席をゲットしたので、改憲に対する話がたびたび登場するようになりました。安倍首相も、「改憲を在任中に」と表明されました。

安倍政権の思惑では「改憲を開始するべき」だということですね。

でもこれは保守か革新かで言えば「改憲派=革新派」「護憲派=保守派」ではないの?とも感じます。

70年続いた憲法を訂正することは、保守的な考えじゃないような…?

なんですが、日本の歴史を思い直してみると、以前から日本国憲法は太平洋戦争終戦後に、アメリカのGHQの草案を基に革新派の意見を混ぜ込んだ形で構築された憲法です。

これにより、より日本の文化に合う憲法を考えよう、という考えで観察してみれば、憲法の改革を行おうとする捉え方が保守的だともいえます。

対して、革新派側の主張については、仮に戦争禁止をうたう9条のスタンスは、かなり革新的な感じに基づいたものなので、改憲を行うべきじゃない!といった意見なわけですね。
さいごに

政治における保守とは?でした!

自民党の中にも革新的な意見を持つ人もいれば、民進党はがんらい自民党から分散して生まれた政党なので中には保守的な意見の持ち主である議員さんもいます。

日本での保守派、革新派の使われ方は非常に難しくて、すべてにわたって保守的、革新的とは言い切れません。

今後、保守という言葉が出てきたときには「何に対して保守的」なのかを想定するのも面白いでしょうね