毎年5月の第2日曜日は母の日です。

 

日ごろお世話になっているお母さんに感謝する日として

だれもが知っている日ですよね。

 

母の日に贈るプレゼントといえばカーネーションですが

毎年、カーネーション意外にどんなプレゼントを贈ろうかと

悩んでいる人も多いはずです。

 

そもそもなぜ5月の第二日曜日が「母の日」となっているのかという事は意外に知らない人も多いんじゃないでしょうか

 

なので、母の日の由来とカーネーションを贈る理由を少し調べてみました。

 

 

母の日の由来

 

m001

アンナ・ジャービス

 

始まりは1905年5月9日 アメリカからでした。

 

アメリカのフィラデルフィアに住む少女「アンナ・ジャービス」が

母の死に遭遇したことで、生前に母を敬う機会を設けようと活動したことです。

 

この一人の少女の働きかけが、アメリカ全土に広まっていき

ついには、当時のアメリカ大統領である「ウィルソン」まで伝わっていきます。

 

アンナの活動に感銘を受けたウィルソンは、なんと5月の第二日曜日を

「母の日」としアメリカ国民の休日としてしまったのです。

 

 

カーネーションを贈る理由

 

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

1905年当時、アンナが亡き母に贈ったものが生前母が大好きだった

白いカーネションを贈ったのがきっかけです。

 

アンナは、女手一つで自分を育ててくれた母に感謝するため

母の墓前に白いカーネーションを祭壇に飾り

追悼式の参加者全員にも白いカーネーションを手渡しました。

 

これにより、母親が亡くなっていれば白いカーネーションを胸に飾り

母親が健在であれば赤いカーネーションを胸に飾るようになり

それが、カーネーションを贈る習慣へと変化していったとされています。

 

 

日本にはいつごろから習慣になったの?

 

アメリカから始まった国民の休日である母の日はその後

日本に伝わることとなります。

 

始まりは明治末期頃に行なわれ始め、1915年(大正4年)に教会で行なわれてから

すこしずつ一般にも広まっていき、1937年(昭和12年)に

森永製菓が告知をしたことで本格的に国民に広まり始め

 

この催しが新聞に取り上げられたことで、一気に日本国民に定着していったのです。

 

最初日本では違う日が母の日だった

 

実は昭和初期から戦後しばらくの間は、当時の皇后の誕生日だった

3月6日が日本では、「母の日」とされていました。

 

その後今のように5月の第二日曜日になったのは1949年(昭和24年)からです。

 

 

世界の母の日

 

アメリカから始まった、お母さんに感謝をするという思いが今では

日付こそ違いますが世界中に広まっていったわけです。

 

ちなみに、5月第二日曜日が母の日とう国は以下の通りです。

 

アメリカ 日本 カナダ 香港 台湾 オーストラリア ドイツ

イタリア 南アフリカ共和国 シンガポール ニュージーランド

ペルー フィリピン ベルギー ブラジル チリ コロンビア

キューバ デンマーク エクアドル プエルトリコ スイス

チェコ リヒテンシュタイン ウルグアイ 中国 ウクライナ マレーシア

 

以上、27カ国が5月第二日曜日が母の日となっています。

あなた以外にもこれだけの国の人たちが同じ日に母親に感謝しているんですね

 

最近では、生花いがいにもカーネーションやバラの造花である

プリザーブドフラワーを贈ったりするそうです。

 

生花と違って枯れないので長く飾れるのが人気のようです。

>>プリザーブドフラワーについてはコチラ