18日、韓国・蔚山で行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選の韓国-イラン戦後、韓国メディアがイラン代表を非難する記事を相次ぎ掲載した。「サッカーよりマナーを学べ」、「礼儀も配慮もない」などと不快感を露わにした。

05d4037d

試合では韓国はイランに0-1で敗れ、勝ち点でウズベキスタンと並んだが得失点差で上回り、A組2位でW杯本大会進出を決めた。しかし試合後、韓国メディアが報じた記事は、W杯進出をよろこぶどころか、イラン代表を非難する言葉のオンパレードだった。

韓国メディアの報道によると、イラン代表は試合中にファールやベットサッカー(倒れて時間を
稼ぐ行為)を繰り返し、後半に先制点を決めるとマナーのない行動は一層増えた。試合後は
イランのGKが韓国のベンチに駆け寄りセレモニーをしようとしたことから韓国コーチスタッフら
と小競り合いになった。このGKは、観客席を埋め尽くす韓国人サポーターに向けて舌を出し、
観客をばかにしたりした。

カルロス・ケイロス監督もマナーのない行動をみせた。試合中は中国出身の審判の判定に
繰り返し抗議し、試合終了後は韓国のベンチに向かってガッツポーズを決め、「相手を冒涜
(ぼうとく)する行動」をした。

韓国メディアは、これらの行動を「韓国のサッカーを軽蔑し、無視する行為」と指摘。
「フェアプレーの精神もスポーツマンシップもなかった。サッカーが上手い選手だという
だけで、紳士のスポーツであるサッカーの世界最高舞台の本戦に出場する資格はない」、
「イランは最小限の礼儀も配慮もなかった。スポーツマンシップとはイランにとって
関係のないことだった」、「最後まで卑劣だった」などと伝えた。